世界史要点図解整理ハンドブック|おすすめ世界史参考書

世界史要点図解整理ハンドブックは高校生向けの世界史の参考書で、旺文社から出ているB6判の本です。時代・地域ごとの歴史と文化史などのテーマ別の歴史に分かれています。

ハンドブックというタイトル通り、B6判(中学校の教科書をさらに半分にしたサイズ)なので、管理人のような寝っ転がって勉強する人におすすめ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

著者 旺文社, 上住友起 出版社 旺文社 ページ 285p 発売日 2012年07月 サイズ 全集・双書 ISBN 9784010338520

世界史はポイントをおさえて勉強するべし

倫理や日本史もそうですが、世界史もまた重要なポイントをおさえて、その後に細かい知識を埋めていくのがいいですね。外国人の方に日本史を教えるとき、いきなり奈良時代の仏教の話をしてもWhat!?となるでしょう。

古い時代から順番に、その時代を象徴する一番大きい出来事と、時代から時代への変化を大雑把に教えると思います。日本史の分厚い教科書をボンとあげて、これ読めよ、と言うわけにはいかないですね。

同じように世界史も分厚い参考書を買ったら、最初の一週間は新鮮な気分で古代オリエントの歴史を読むでしょうが、だんだんいやんなってきて、ベッドの枕として使うことになりますよ。

だからつまりこの時代はどういうことなんだ、という大雑把な要点の理解がまずは大事です。この本はその要点を見開きごとに解説しています。

世界史を初めて習う、あるいは世界史を趣味で読んでみたいという人におすすめです。

一単元一ページ(二ページ)で使い勝手が最高

管理人も実際寝っ転がってしょっちゅう読んでいるので、しみじみ思いますが、この本は見開きにそのテーマがおさまっているので、無駄なページめくりがないんですね。

ページを行ったり来たりするストレスがない分、本文により集中できます。