アルカリ金属の元素と共通の特徴

アルカリ金属は周期表の水素を除く第1族の元素のこと。最外殻電子は1個であり、1価の陽イオンになりやすい。アルカリ金属は1価の陽イオンになると閉殻(希ガスの構造)になって安定する。

アルカリ金属

性質

アルカリ金属の単体は水や空気(空気中の酸素)と自然に反応する。

イオン化エネルギーは基本的にアルカリ金属が最も低い。空気中に放置すると自然に発火するため、アルカリ金属は石油などに保存する。

アルカリ金属を炎に入れると、その金属に特有の色を呈する。これを炎色反応という。カリウム、ルビジウム、セシウムはどれも紫に近い色である。リチウム、ナトリウム、カリウムは「リアカーなきK村」と覚える。

炎色反応

元素
Li
Na
K 赤紫
Rb
Cs 青紫

問題1

次の元素のうちアルカリ金属でないものはどれか。

  1. カリウム
  2. リチウム
  3. ベリリウム
  4. セシウム

解答

ベリリウム

問題2

アルカリ金属の性質として間違っている説明はどれか。

  1. 石油中に保存する
  2. 炎色反応をしめす
  3. 2価の陽イオンになりやすい
  4. 水と反応する

解答

3

アルカリ金属は1価の陽イオンになりやすい。2価の陽イオンになりやすいのはアルカリ土類金属。

問題3

次の文章の空欄に当てはまる言葉を入れなさい。

アルカリ金属の最外殻電子は( 1 )個であり、陽イオンになると電子の配置は( 2 )族元素と同じ構造をとる。

アルカリ金属の炎色反応は、( 3 )は黄色、( 4 )は赤色を呈色する。炎色反応は、金属の( 5 )状態と基底状態のエネルギー差によって生じる。

解答

  1. 1
  2. 18
  3. ナトリウム
  4. リチウム
  5. 励起

広告