アニリンの性質と製造法(アニリン塩酸塩を経る反応)

アニリンはベンゼン環にNH2基がついた芳香族化合物で、アミンの一つ。アミンとはアンモニアの水素が炭化水素に置換されたもの。

アニリンの性質

・無色
・特異臭
・有毒
・可燃性
・弱塩基性
・水にほとんど溶けない
・酸化されやすい

アニリンは非常に酸化されやすく、空気中に放置するだけで酸化されて褐色になる(アニリン自体は無色)。

アニリンブラック

アニリンを強力な酸化剤である二クロム酸カリウム水溶液によって酸化すると、褐色を超えて黒色になる。これをアニリンブラックという。

アニリンの製造法

芳香族アミン8

アニリンはアニリン塩酸塩を経由して製造される。

ニトロベンゼンと濃塩酸とスズを混ぜてゆっくり加熱すると、ニトロベンゼンが還元されてアニリン塩酸塩になる。

アニリン塩酸塩に水酸化ナトリウム水溶液を入れると、弱塩基が遊離する反応が起きて、アニリンが遊離する。

塩化ベンゼンジアゾニウム

アニリンと塩酸と亜硝酸ナトリウムを混ぜて冷やすと、ジアゾ化という反応が起きて塩化ベンゼンジアゾニウムができる。

芳香族アミン9

この反応は氷冷下で行う。加熱では起きない。

p-ヒドロキシアゾベンゼン

塩化ベンゼンジアゾニウムとナトリウムフェノキシドを混ぜると、カップリングという反応が起きてp-ヒドロキシアゾベンゼンができる。

芳香族アミン11

分子内にあるN=Nという構造をアゾ基という。アゾ基のある物質をアゾ化合物という。

塩化ベンゼンジアゾニウムの不安定性

塩化ベンゼンジアゾニウムは不安定で、その水溶液は少し加熱するとフェノールになってしまう。

芳香族アミン10

塩化ベンゼンジアゾニウムがフェノールになるとき、窒素分子が気体となって出ていく。

アセトアニリド

アニリンは無水酢酸と反応(アセチル化)してアセトアニリドになる。

芳香族アミン12

アセトアニリドはNHCOという構造をアミド結合という。

芳香族アミン13

さらし粉反応

アニリンの検出にはさらし粉を使う。アニリンにさらし粉水溶液を加えると、紫色に呈色する。