小学算数 植木算の解き方

植木算は、道に木を植えていく算数の問題です。例えば36mの道に12mずつ間を空けて木を植えると次のようになります。

37

木と木の間は3つです。これは

36 ÷ 12 = 3

から求まりますね。では木は何本あるでしょう? と言っても図を見れば4本であるとすぐにわかりますが、ここでは

本数=間の数+1

ということに注目! 間の数は3つだったので、木の本数は

3 + 1 = 4

4本となります。

木の間 3つ 木の数 4本

例題

木を12mずつ、16本植えると、全体で何mになるでしょうか。

38

この問題は植木算でよくある問題です。

木の数が16本ということは、木と木の間の数は15個です。間の数は木の数より1少ないのでした。

よって

12m × 15 = 180m

となります。