中学受験算数 仕事算の解き方

次のような問題を仕事算といいます。

AとBはある仕事をする。Aはその仕事を終らせるのに6日、Bは12日かかる。二人が一緒にその仕事をやると何日かかるか?

解説

全体の仕事を72としましょう。これはAの日数とBの日数をかけた数です。

6 × 12 = 72

例えば72個のチョコがあって、Aはそれを6日、Bはそれを12日で食べるとイメージしてください。

Aは1日に12個、Bは1日に6個食べることになります。すると二人合わせて1日に18個食べることになります。

A 12個 B 6個 A+B 18個

二人一緒に仕事をする、つまり二人一緒にチョコを食べまくるとき、1日に18個ずつ消えていくわけだから

72 ÷ 18 = 4日

4日でチョコはなくなる、つまり仕事が終わることになります。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告