Irohabook
連載 ミニ自己啓発

2019年上半期 人気エッセイ一覧:2050年の未来、偉大な人物、ハンナ・アーレント

広告

2019年1〜6月で最も読まれたエッセイを紹介します。

7位 ドラッカー

ドラッカーの「経営者の条件」ではドラッカーの思想を紹介しました。重要なポイントは「一つのことに集中しろ」。目の前にあるたった一つのことだけに集中するように訓練されていれば、素晴らしい生産性を持つようになるとドラッカーは説きます。

6位 孫子の戦争論

孫子の戦争論では古代中国の思想家「孫子」を紹介しました。筆者は当サイトで最も重要な記事だと考えています。勝利は相手の油断にある、選択して集中する、勝負はさっさと決着させる、自分を矛盾していると思わせる、など。

5位 部活が嫌いな人はさっさと辞めよう

部活が嫌いな人はさっさと辞めようでは、嫌いな部活をずっと続ける必要はないことを説明しました。部活は狭い世界ですが、本当の世界はもっと広く、多様な価値観が広がっているのです。

4位 プログラミング言語ランキング

最新プログラミング言語ランキングではJavaとPythonが支配的な言語であると紹介しました。学生が学ぶべきプログラミング言語はPython、HTML、JavaScriptでしょう。

3位 ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレントでは、第二次世界大戦の経験から「全体主義の起源」を著したハンナ・アーレントを紹介しました。

社会・経済が悪くなって自分を見失った人間が多くなると、大衆は正当化された悪になっていく。悪い芽が出てくるのは、家族や地域といった共同体が歴史的に崩壊しているからだ。といったことを説明しました。

2位 偉大な人物

歴史上の偉大な人物10人では、世界の歴史から10人の偉大な人物を選びました。偉大な人物とは、道徳や技術に最も優れた人物というよりも、普遍的な名詞や形容詞の象徴になる人物です。例えばロックはビートルズ、科学はニュートン、第二次世界大戦はチャーチルです。

1位 2050年の未来

2020〜2050年の予言では日本と世界を予想しました。「沖縄が大阪を抜いて大きな都市になる」といった未来予想など。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会