物を落としたら不合格というのは迷信だ。物を落としても気にしないこと!

高校3年生になるとものを落とすたびに嫌な気持ちになりますね。演技が悪いというかなんというか。直前期になると余計神経質になってものを触るのも怖くなる、という人も中にはいると思います。

直前期、いえ本番当日消しゴムを落としたとしても受かる人は受かります。消しゴムを落としたか否かが受験の結果を決めることはまずありません。断じてありません。よってシビアにならず、もっとゆったり構えていてください。

それよりも消しゴムを落としたら受験に失敗する気がするなどと思っている自分の弱さに問題があります。その不安をどうにか消さない限り、消しゴムを落とさなくてもどこかで大きな失敗を生む可能性があります。例えば偏差値が少し足りないくらいで志望学部を変更するとか、ナイーブになりすぎて風邪をひくとか。