基礎からのジャンプアップノート古典文法・演習ドリルを使った感想と使い方

『基礎からのジャンプアップノート古典文法・演習ドリル』は旺文社から出ている古文の文法ドリルです。

項目 評価
使いやすさ ★★★★★
詳しさ ★★★
おすすめ ★★★★
レベル 初級
対象 中3~高1

ドリルだけあって700円と安い!

演習ドリルとありますが、小学校の時に使っていたいわゆるドリルみたいな感じではありません。普通のB5の冊子で、やや薄く、とても書きこみやすいデザインになっています。

700円という安さから2冊買うこともできそうです。2冊目は復習・確認用として使うという感じ。

表紙は人を選ぶが、中身は人を選ばない

かたくるしくて無機質なデザインのほうがしっかりしているはずだ、という色眼鏡はとってください。『基礎からのジャンプアップノート古典文法・演習ドリル』は表紙が派手で、無機質で媚びていない本を良しとする人はつい避けてしまいがちだと思いますが、この本は中身はとてもしっかりしています。

中身は体系的で、習いたての人が陥りやすいポイントなどをピンク色で注意書きしてあり、一つ一つの文法について問題がセットで用意されているため、一歩一歩着実に文法を理解していくことが可能です。

問題はチェック問題と確認問題から構成されている

チェック問題は本当にさらっとチェックするくらいの問題で、説明の下にだいたい用意されています。説明を見てやっては意味がありません。

続いて確認問題は短い文の文法を解析するようなタイプで、文法がきちんとわかっていないとわからないようになっています。わからなかったら前のページに戻って文法を確認します。

「る」などの言葉に特化した識別問題が用意されている!

例えば完了の「り」と自発・可能の「る」は見分けにくい助動詞の代表ですが、こうした「る」などの識別問題がまとまって用意されています。これは文法を総確認したい人にとって必要な問題ではないでしょうか?

どのような人におすすめか、またその使い方

おそらく古文の文法をまったく聞いたことも触れたこともないという方にはあまりおすすめできません。「そもそも活用ってなに?」というレベルでも最初の数ページを読めばなんとなく古文の基本はわかると思いますが、それと本文の説明にはギャップがあるため、ほんの少しでも「形容詞とは」「活用とは」といった漠然とした知識は持っていると効率が良くなります。

使い方は、ページを順番に進める形でいいと思います。やっぱり不安と思ったらすぐに戻って復習するといいですね。

広告