マドンナ古文単語を使った感想とおすすめの使い方

マドンナ古文単語230は古文の単語集です。

項目 評価
使いやすさ ★★★★★
詳しさ ★★★★
おすすめ ★★★★★
レベル 初級~中級
対象 中3~高2

言葉の意味を深く理解できる

マドンナ古文単語はただの辞典と違い、その言葉の意味や使い方を一つ一つ丁寧に掘り下げています。古文の単語をなんとなく覚えようとして覚えられていないという方にとっては目からうろこでしょう。そもそも古文の単語は英単語と違って量はそれほどないため、一つ一つの言葉を丁寧に覚えるくらいがちょうどいいのかもしれません。

本書は同じ言葉が二つ三つと異なる意味を持っている場合、どれが出やすくどれが出にくいかといった出題頻度も説明しています。この点は辞書と一線を画します。また「な~そ」といった文法(マドンナ古文単語では『多角語』と呼んでいる)も含んでおり、文法書としても使えます。

例文はやや少なめだが使いやすい

マドンナ古文単語は英単語のバイブルである速読英単語とは違います。一つの言葉について例文は一つ二つあるくらいで、長文の中でその言葉を覚えるという形はとっていません。

また例文も現代的な文も多く、枕草子や源氏物語といった作品から抜粋された純粋な古文だけが並んでいるというわけではありません。ここはよく注意したほうがいいと思います。

とはいえ例文はシンプルすぎず長すぎずのいい長さで、よく考えられている印象を受けます。

扱っている単語数はやや少ない

マドンナ古文単語230という本は230個の単語を扱っていますが、これだけではやや足りないかもしれません。これは入試(特にセンター試験)を受ける上で最低限の単語数で、上位を狙うためにはもう少し必要です。

古文を初めて習う中学生にはまだ早く、古文の文法と単語を本格的に習う高校一年生にぴったりの教材と言えます。高校一年生~二年生におすすめです。古文が苦手な受験生もまずはこの本を手にすることをおすすめします。

付録に単語帳

付録として単語帳がついています。一ページに九個の単語が書いてあり、バラバラに切り離せるようになっています。穴もすぐにあけられるようになっており、まさに単語帳が付属している感じです。

マドンナ古文単語を単語帳として使う人はあまりいないかもしれませんが、単語帳として使ってもいいと思います。

他の古文単語の本と比較した上でどうか?

古文の単語をわかりやすく詳しく解説している本は他にもいくつかありますが、説明のわかりやすさにおいてマドンナ古文単語に勝る本はほとんどありません。英単語の速読英単語、古文単語のマドンナ古文単語です。

おすすめの使い方

まずは時間がある時にすべてのページをゆっくり一読することをおすすめします。すべてを読むことで古文へのもやもやとした感じが少し消えると思います。古文は現代文のようで現代文と違うため、言葉の言い回しや文のつながり方などの独特の癖に苦しむ人はとても多いでしょう。古文を理解するためにはその癖をまずは受け入れることが大切ですが、この本はその一助になるはずです。

読む時は一気に読まず、ねちねちと往復するように読むといいですね。古文単語は莫大な数あるわけではありません。受験直前というのでなければ、一日三ページでもいいと思います。一日三ページでも三ヶ月で終わります。もちろんそれ以上でも構いません。

じっくり読むことでその言葉を丁寧に理解し、確実に覚えるようにします。説明と例文は漏れなく読んでください。またできれば電子辞書などを使ってその言葉の用例をさらに調べるとより効果的です。

読み終わった後は辞書と同じように使います。つまり学校の宿題や入試問題を解いている間、わからない単語が出てきたところでマドンナ古文単語をひいて調べるという感じです。

広告