部活が嫌いで辞めたいと思っている方はさっさと部活を辞めよう

部活を辞めたいと思っている中学生と高校生は多いと思います。辞めたい理由として

・顧問または先輩が厳しい
・意地悪な人がいる
・人間関係がうまくいかない
・勉強などの両立ができない

などがあります。

顧問または先輩が厳しい部活

先生や先輩が厳しい部活は大変。

「おい! 何やってんだバカヤロウ!!」と怒鳴り散らす先生が顧問だと大変ですね。中学生くらいの年になると理不尽な叱責に反抗心を持ってしまう人もいます。

「さっさとやらんかバカモン!」と言われて、心の中で「うるせーよバカ!」と思いながらもしぶしぶ惰性でやる人は多いでしょう。

厳しさには種類があります。

心のこもった厳しさと、その人のストレスのはけ口となっている自己満足的な厳しさ。

どうでもいいことを注意したり、揚げ足をとるような怒り方をするような先生(先輩)は後者です。もし顧問がそのような人で、自分がその理不尽な厳しさに耐えられないと思ったら、その部活を辞めるべきです。

人は、他人が自分に悪意を持っていると思うと、その人を信用しなくなるだけでなく、その悪意を広く解釈してしまうところがあります。

ひどく傷つけられて「だから人間は信用できない」とか「学校なんてろくなところじゃない」とか、考えが少し抽象的になっていくのは人間として自然ですが、行き過ぎるとそれはそれでまずい。

ひどく落ちこんで「ひょっとしたらそうなるかも…」と思ったら、潔く辞めることも考えていいと思います。

心のこもっていない厳しさに耐える時間よりも、心のこもっている厳しい人を探す時間のほうが貴重ですね。

意地悪な人がいる

どの世界にも意地悪な人がいる。意地悪にも程度がありますが、もうどうにもならないくらい意地悪、他人の机にマジックで落書きするくらい意地悪な人がいたら、その部活はすぐにでも辞めよう。

本当に底意地が悪い人がいると、その人を中心に変な人が寄ってきて、その集団全体がおかしくなっていく。最初はまともだった人もだんだん意地悪になってしまうかもしれない。あるいはあなた自身も意地悪な人になってしまうかもしれない。

しかし「ちょっと意地悪だな」くらいの人はどこに行ってもいる。意地悪な人がいたらすぐに辞めるという癖はちょっとまずい。あくまでも本当に意地悪な人がいる場合に限る、という話ですね。

人間関係がうまくいかない

意地悪な人がいるから、というよりも人間関係がどこかうまくいかないから部活を辞めたいという場合もあります。話し相手がいないとか、孤立しているとか。

人間関係がうまくいかない時は勇気を持って、友だちを一人でも多く作ってみよう。

一人二人と気さくな話し相手ができるだけで部活の時間がかなり変わってきます。内気な方は同じような内気な人を見つけて、話しかけてみるといいですよ。人間関係は基本的に同じタイプの者同士で作られます。

人間関係がうまくいかない、だから部活を辞める、という考え方は少し安易かもしれません。もう少しだけ粘ってみてください。

勉強などと両立できない

日本の学生は睡眠不足と言われています。それは部活に入りながら塾に通って、部活と勉強を両立しないといけないからです。

部活と勉強の両立が大変という問題はほとんどの学生が経験します。これをどうクリアするかで、その人の将来のタフさが変わってくる。これもどの程度大変かで話はかなり変わってきますが、基本的には両立するべきです。

勉強以外の経験は必ず人間的な成長につながります。そしてハードスケジュールに耐える力というのも将来活かされます。そしてそのタフさは知識や技能よりもはるかに自分自身に影響していくでしょう。

しかし受験に専念したい、あるいは英語が好きで将来留学したいから今のうちに英語を極めたいという確固たる信念を持っている方は、必ずしも部活に入るべきではありません。むしろその信念を貫いて、帰宅部でも自分にふさわしい努力を選択するべきです。

部活と部活以外の選択を比較しよう

部活を辞めた後を想像してください。

部活を辞めた後の自分が今の自分より幸せだ、青春を満喫している、有意義な時間を送っていると思ったら、その部活を辞めよう。

特に厳しすぎる顧問や先輩がいるせいで胸が苦しい、そのせいで学校がつらい、などと思っている方は部活を辞めて、もっと好きなことにチャレンジするべきですよ。世の中は本当に広く、いろいろなものが転がっています。野球するだけが学校生活ではありません。サッカーするだけが学校生活ではありません。

一人で芝居を観に行ったり、絵を描いたり、新しいスポーツを考えたりするのだっていいじゃないですか。

中学生、高校生の期間はとても短い。合わせても六年しかない。この短い時間をなるべく濃密にするために、やっているだけムダだ、自分の人生にふさわしくない、と思ったら、部活以外の選択をとってみよう。

広告