中1理科ガスバーナーの使い方(空気調整ねじとガス調節ねじの使い方)

ガスバーナーは二つのねじが上下についている。上が空気調節ねじ、下がガス調節ねじである。

「コックに近いほうがガス調節ねじ」と覚えよう。

ガスバーナー

空気調整ねじ … 炎の色を調節する(青色にする)
ガス調節ねじ … 炎の大きさ(勢い)を調節する

なお、コックの先にガスの元栓(もとせん)がある。コックも元栓もひねってガスを通したりふさいだりできる。

ガスバーナーの使い方

1 空気調整ねじとガス調節ねじが閉まっていることを確認する

2 元栓を開く

3 コックを開く

4 マッチに火をつける

5 マッチの火をガスバーナーの口に下から近づける

6 マッチの火を近づけたまま、ガス調節ねじをゆるめて点火する

7 ガス調節ねじを回して炎の大きさを調節する

8 空気調整ねじを回して炎の色を調節する

注意

元栓とコックを開く前に、空気調整ねじとガス調節ねじがきちんと閉まっているか確認する。万が一開けっぱなしの状態で元栓を開けてしまうと、ガスが急に漏れて非常に危険。

また、火を近づけるときは、マッチを下から近づける。上から近づけると、火が急に生じたときにやけどしてしまう。

ねじ

ねじは

上から見て反時計回りの回転 → 開く
上から見て時計回りの回転 → 閉じる

である。

ねじが閉じている状態から開いている状態にするとき、ねじがゆるむ感覚がある。

ねじの調節は

ガス → 空気

の順で、ガスの炎の色は青色になるようにする。