高校経済 景気循環の四つの局面と四つのサイクル

多くの人が経済的に豊かな生活を送っている状態を好景気、多くの人が(過去に比べて)経済的に貧しい生活を送っている状態を不況という。

景気循環

景気はいい状態と悪い状態をくりかえし、四つの局面に分類される。

局面 説明 投資 消費 物価
好況 景気がいい状態 拡大 拡大 インフレ状態
後退 景気が悪くなっていく状態 縮小 縮小 デフレ傾向
不況 景気が悪い状態 縮小 縮小 デフレ状態
回復 景気が良くなっていく状態 拡大 拡大 インフレ傾向

景気がいいときは投資と消費が活発になり、景気が悪いときは投資と消費が落ちこむ。

景気の四つのサイクル

上図で示した「景気循環の期間(サイクルの長さ)」は何年かはっきりしない。景気という言葉が曖昧であるため、景気循環の期間も曖昧なのである。現在広く知られている景気循環の定義は四つある。

  1. キチンサイクル
  2. ジュグラーサイクル
  3. クズネッツサイクル
  4. コンドラチェフサイクル

キチン、クズネッツなどの言葉は研究者の名前を由来とする。

キチンサイクル

キチンサイクルは在庫と生産の関係をもとにする。景気がいいときは生産が消費に追いつかず、生産が増えて在庫が減っていく。しかし景気が悪くなっていくと生産と消費のバランスが生産のほうに傾きはじめて、在庫が次第に増えてくる。

景気がいいか悪いかは、生産と在庫の関係によってある程度明らかになる。生産と在庫の関係を数値化したものをキチンサイクルという。

キチンサイクルの一サイクルはだいたい40ヶ月とされている。

ジュグラーサイクル

ジュグラーサイクルは設備投資をもとにする。設備投資とは工場などの生産ラインを指す。

景気がいいときは企業は活発に設備投資を行う。工場を積極的に作るということは、物を積極的に作るということだ。好景気のときは売れ残らないだろう、在庫が増えないだろう、作れば作っただけ利益が拡大するだろう、という考えが根底にある。

しかし景気が悪いときは、物を作っても売れないため、工場を作ってもしかたがない。そのため企業は設備投資に消極的になる。

ジュグラーサイクルは企業の設備投資の循環であり、これを景気循環の定義とする。一サイクルは約10年。

クズネッツサイクル

クズネッツサイクルはジュグラーサイクルの建築版。すなわち企業の設備投資の代わりに住宅建築の投資具合を示したものをクズネッツサイクルという。一サイクルは約20年。

コンドラチェフサイクル

コンドラチェフサイクルは「技術革新の波」である。コンドラチェフサイクルにおいては技術革新こそが経済を変えるという考えがある。

例えば産業革命は世界の経済を大きく変えた。産業革命によって大量生産大量消費の経済が形成されて、それまでのある意味エコなシステムは崩壊した。また鉄道が生まれて人間の移動がよりダイナミックになり、経済の動きも早くなった。

20世紀から21世紀にかけてパソコンとネット回線が普及し、インターネットの世界が大きくなったが、これも一つの技術革新である。インターネットという技術革新によって情報産業という新しい産業と市場が生まれた。

コンドラチェフサイクルでは技術革新の波が50年ほどで訪れると考える。

四サイクルの整理

サイクル名 由来 周期 別名
キチン 生産と在庫 40ヶ月? 短期波動
ジュグラー 設備投資 10年 中期波動
クズネッツ 住宅建築投資 20年 -
コンドラチェフ 技術革新 50年 長期波動

第一次産業革命~第五次産業革命(?)までのコンドラチェフサイクル

時期 技術革新 主な企業
18世紀~19世紀 産業革命 -
19世紀半ば~19世紀末 鉄道・鉄鋼 USスチール
19世紀末~20世紀前半 電気・自動車 GE
20世紀半ば~20世紀末 コンピューター IBM
20世紀末~21世紀 情報 Google

広告