canの使い方と文法(中学英語)

can は「~できる」という意味の助動詞で、主語と動詞の間に入れる。

I can speak English.
私は英語を話すことができる。

I can do it.
私はそれをできる。

例文

You can drive a car.
あなたは車を運転することができる。

You can have a lunch.
あなたは昼食を食べられる。

He can go to school.
彼は学校に行くことができる。

She can read a book.
彼女は本を読むことができる。

can の前にくる主語が he, she, it(三人称単数)であっても、動詞に s がつかない。これは should などの他の助動詞でも同様。

疑問形

can を疑問形にするためには、主語と can をひっくり返す。

You can speak English.
あなたは英語を話すことができる。

Can you speak English?
あなたは英語を話すことができますか?

主語が「you(あなた)」のときは「可能性」をたずねているが、主語が「I(私)」のときはどうなるだろうか?

I can use this pen.
私はこのペンを使うことができる。

Can I use this pen?
私はこのペンを使うことができますか?

この文は「英語が話せる」という可能性ではなく、「許可」をもらおうとしている。そのペンは他の人のもので、本来は「私」が使ってはいけないものかもしれない。そこで Can I …とたずねる。

このように can を疑問形にすると「~できますか?」となるが、これは「可能」と「許可」の両方の意味がある。

★「~できますか?」

  • 可能
  • 許可

例文

Can I use your bathroom?
トイレを借りてもいいですか?

Can I speak Japanese?
日本語を話してもいいですか?

Can I talk to you?
あなたに話しかけてもいいですか?

Can you read foreign books?
外国の本を読めますか?

Can you do your homework?
宿題はできますか?

広告