植物細胞と動物細胞の構造と基本的な働き(中2理科2学期)

植物細胞と動物細胞のどちらも細胞膜と核がある。細胞膜は細胞の中身を守るもので、核は細胞分裂のために使われる。核にはDNAがある。

植物細胞

植物細胞には液胞、葉緑体、細胞壁があり、動物細胞はこれらをもたない

組織 説明
液胞 貯蔵物や不要な物質をふくむ
葉緑体 光合成をする
細胞壁 細胞膜をさらに包むもの

細胞は細胞膜に囲まれているが、植物細胞ではその外側にさらに細胞壁がある。

酢酸オルセイン液

酢酸オルセイン液は中学の中間・期末試験で高確率で出題される。細胞の核を染色して核を観察しやすくするための液。顕微鏡で細胞を見ると、透明でどこになにがあるかわからない。酢酸オルセイン液を細胞にふくませると、核が赤紫色になって映り(これを「呈色」という)、核を観察できるようになる。

酢酸オルセイン液は酢酸カーミンともいう。

単細胞生物と多細胞生物

細胞が一つしかない生物を単細胞生物という。細胞が一つ以上集まり、複雑な構造をしている生物を多細胞生物という。人間は多細胞生物である。

同じような細胞の集まりを組織といい、いくつかの組織が集まったものを器官という。例えば心臓、脳、肝臓、胃などはすべて器官である。組織は筋組織や神経組織など四種類がある(細かい名前は中学理科の範囲外)。

細胞と呼吸

細胞は呼吸して生きている。呼吸とは酸素を使ってエネルギーを作り、二酸化炭素を放出すること。植物も動物も呼吸でエネルギーを作っている。

広告