高校化学16族元素まとめ(酸素、硫黄)

高校化学では第16族の元素として酸素と硫黄を扱う。酸素と硫黄はいずれも最外殻電子が6個ある。酸素は2価の陰イオンになりやすいが、過酸化水素における酸素の酸化数は-1である。硫黄はさまざまな酸化数をとる。

第16族元素

16族元素の確認問題(独自問題)

次の元素のうち周期表の第16族元素でないものはどれか。

  1. 酸素
  2. セレン
  3. 硫黄
  4. キセノン

[su_spoiler title="解答" style="simple"]

解答 4 キセノン

解説 キセノンは希ガスであり、第18族。

[/su_spoiler]

第16族の元素の性質として間違っている選択肢を選びなさい。

  1. 二酸化硫黄は酸化剤でも還元剤でもある
  2. 接触法において二酸化硫黄の酸化に用いる触媒は硫化バナジウムである
  3. オゾンは無声放電によって発生する
  4. 塩素酸カリウムを熱分解すると酸素が生じる

[su_spoiler title="解答" style="simple"]

解答 2 硫化バナジウムではなく酸化バナジウム

[/su_spoiler]

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告