杜甫『春望』(五言律詩)の原文、書き下し文、現代語訳

杜甫『春望』原文

国破山河在 城春草木深 感時花濺涙 恨別鳥驚心

烽火連三月 家書抵萬金 白頭掻更短 渾欲不勝簪

書き下し文

国破れて山河在り 城春にして草木深し 時に感じては花にも涙を濺ぎ 別れを恨んでは鳥にも心を驚かす

烽火三月に連なり 家書萬金に抵る 白頭掻かけば更に短く 渾べて簪に勝えざらんと欲す

現代語訳

都は破壊されたが、山と川は残っている 城は春の中にあり、草と木が茂っている

時代をしみじみ思い、花を見て涙が出てくる 別れを悲しみ、鳥の声に心が痛む

戦争は三月になっても続き 家族の便りはめったにない

白髪頭をかくと髪が短くなっており 冠をとめておく髪留めもつけられない

広告