古語単語「とみ」「にはか」の意味

2016/8/01

Shinichiro Sakamoto

広告

「とみ」「にはか」はどちらも「急」を意味する名詞です。「にはか」は「にわか雨」として現代でも使われます。

「とみなり」「にはかなり」はどちらも「急である」を意味する形容動詞で、「とみに」「にはかに」という言い方(連用形)で使われます。

広告

広告