双子葉植物と単子葉植物の発芽と子葉の違い〜エンドウとソラマメは子葉が地上に出ない|中学受験理科・生物

子葉は最初に出てくる葉です。植物は子葉の数で双子葉植物と単子葉植物に分けられます。双子葉植物は子葉が2枚、単子葉植物は子葉が1枚です。

分類 子葉の数
双子葉植物 子葉が2枚
単子葉植物 子葉が1枚

双子葉植物にはバラ、アサガオ、キク、ヒマワリなどがあります。単子葉植物にはイネ、トウモロコシなどがあります。

双子葉植物と単子葉植物

双子葉植物のうち、子葉が地上にあるものとないもの

多くの双子葉植物は子葉が地上に出てきます。しかしエンドウやソラマメは子葉が地上にでない、つまり地中に残ったままになります。

  • ほとんどの双子葉植物 … 子葉が地上に出る
  • エンドウとソラマメ … 子葉が地上に出ない

双子葉植物と単子葉植物の違い

双子葉植物と単子葉植物は子葉の数で分類されます。しかしこの二つは発芽後もまったく異なる形をとるのです。

双子葉植物の葉は、人の血管のように脈がはっています。単子葉植物の葉は、トウモロコシの葉のように脈が並行に走っています。

他にも双子葉植物と単子葉植物は根、くき、葉で大きな違いがあります。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト