流動比率と当座比率の定義と意味から流動資産と流動負債のバランスを考える

流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

上式で定義される流動比率は会社の支払能力(キャッシュフローの安定性)の指標で、単位はパーセント(%)。

100%を下回っている状態は、手持ちの現金よりもすぐに返済しないといけない借金のほうが大きいことを意味するので、かなり危険な財務体質であると言えます。

流動比率の適切な数値は業種によって大きく変わるので、業種が違う会社の比較は注意が必要です。特に業種「小売」は流動比率が低めに出ます。

流動比率の大きな落とし穴

流動比率が200%程度あると支払能力は良好であると言えます。ただし200%あっても300%あっても実際の支払能力はまったくないという状況があります。

なぜでしょうか?

流動資産は換金性の高い資産です。その半分しか借金がないのに、なぜ支払能力が欠如してしまう場合があるのでしょうか?

ここで流動資産の細かい勘定科目を見てみましょう。

流動資産の主な科目 当座資産 … 現金、預金、受取手形、売掛金など。 棚卸資産 … 商品、仕掛品、消耗品など。 その他 … 前払費用、未収収益など。

流動資産のうち商品などの棚卸資産は換金性が高いとはいえ、売上がなければ現金にならない資産です。そのため売上が不振で在庫の回転が悪いと流動資産の一部が本来の意味での流動資産でなくなるのです。

このような場合をふまえて、流動資産を当座資産に変えた当座比率を使ったほうがいい時もあります。

当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債 × 100

会社の支払能力を調べる際は、流動比率だけでなく当座比率も計算するべきですね。

広告