高校倫理「人間」の三つの定義(ホモ・サピエンス、ホモ・ファーベル、ホモ・ルーデンス)

高校倫理において「人間とは何者か?」は最も中心的なテーマ。パスカルの「人間は考える葦である」という考えは一つの答えですが、高校倫理では次の三つが重要。

ホモ・サピエンス
ホモ・ファーベル
ホモ・ルーデンス

すべて「ホモ」という言葉が先頭についていますが、これはラテン語で「ヒト」を意味します。つまり「ホモ・A」とは「Aというヒト」すなわち「ヒトとはAである」ということ。

まとめ

言葉 性質
ホモ・サピエンス 英知人 考える
ホモ・ファーベル 工作人 道具を作る
ホモ・ルーデンス 遊戯人 遊ぶ

ホモ・サピエンス

ホモ・サピエンスはリンネという学者によって定義された言葉で英知人と訳す。人間は他の動物と違って考えることができる、という人間と他生物の差異を強調した言葉です。

ただしホモ・サピエンスは生物学上の分類名として使われることも多く、「人間は英知人である」というニュアンスを持たない場合もあります。

ホモ・ファーベル

ホモ・ファーベルは社会進化論の流れをくむフランスの哲学者ベルクソンによって定義された言葉で工作人と訳す。ホモ・ファーベル(工作人)としての人間は道具を作る存在。

確かに人間は道具を作って生活を豊かにしてきました。最初は木の棒をうまく研いで火を起こし、石を削って石器を作り、鉄や銅から剣を作って戦争し、やがてさまざまな機械を作ってインフラを整えました。社会と経済の発展はまさに人間の「道具を作る性質」に基づいています。

なおベルクソンは二十世紀において最も有名な哲学者の一人で、ノーベル文学賞を受賞しています。ベルクソンは高校倫理において「エラン・ヴィタール(生の躍動)」という概念を唱えた人物でもあります。

ホモ・ルーデンス

ホモ・ルーデンスはホイジンガによって定義された言葉で遊戯人と訳す。遊戯人という日本語訳が表すようにホモ・ルーデンスとしての人間は「自由に遊ぶ生き物」です。