高校化学に出てくる潮解性の物質

十酸化四リンなどの固体は常温空気中に放置すると溶ける。この現象を潮解という。

潮解はその固体が空気中の水分を自然に吸収し、溶けることから起きる。そのため氷が溶けて水になる融解とは現象として根本的に異なる。

潮解性をもつ物質は一般に強い吸湿性をもち、この吸湿性を利用して乾燥剤に使われることがある(十酸化四リンなど)。

特に水酸化ナトリウムは潮解性をもつ物質として有名。

高校化学で出てくる潮解性をもつ物質リスト

十酸化四リン
リン酸
水酸化ナトリウム
水酸化カリウム
MnSO4(硫酸マンガン)

広告