大正デモクラシー(吉野作造の民本主義と平塚らいてうの青鞜)

大正時代になると民主主義を唱える思想家や活動家が多く現れた。こうした風潮を大正デモクラシーという。大正デモクラシーを代表する思想家は吉野作造である。

吉野作造

大日本帝国憲法をもとに、当時の政府は天皇に主権があると考えていた。天皇主権はあくまでも憲法解釈の一説である。

吉野作造は、主権が誰かにあるかを明確にしないまま、政治は民衆のためにあることを主張した。民主主義でなく民本主義という言葉を使ったのは、民主主義は(憲法に反する)国民主権を前提にしているからである。

平塚らいてう

平塚らいてうは女性の権利の拡大を目指して「青鞜(せいとう)」という雑誌を発行した。「元始(げんし)、女性は実に太陽であった」と訴えた。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト