New サムネイル Pythonの高階関数reduceの使い方:gcdを使って3つ以上の最大公約数を求めてみよう New サムネイル 草冠に祭りと書いて「蔡」の読み方と画数 New サムネイル 草を分けると書く「芬」の読み方と画数:「芬」はフィンランドの漢字表記「芬蘭」に使われる

微分と導関数の基本(平均変化率と微分係数から公式を理解する)

広告

微分は関数の変化率を求めるものです。変化率(特に平均変化率)とは、xがこれだけ変化したときにyはこれだけ変化するという割合をいいます。

xを時間、yを距離と考えると変化率は速度を表します。変化率が大きいとき、xが少し変化するだけでyは大きく変化します。反対に変化率が小さいとき、xが大きく変化してもyはわずかしか変化しない。

平均変化率

関数の平均変化率は次のように考えます。

平均変化率のグラフ

平均変化率を求める

下図のようにb点をa点に近づけると、平均変化率はaでの変化率に近づきます。

平均変化率の極限

x=3の変化率

x=aの変化率

例題

導関数

導関数の定義

導関数の例

一次関数と定数の導関数

一般形

導関数から変化率を求める

変化率

広告

広告

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会

Python入門

Python入門

化学入門

化学入門

漢字辞典

漢字辞典

整数辞典

漢字辞典

Lord Candy

Lord Candy