製品開発モデルと顧客開発モデル

会社が物やサービスを市場に普及させる方法は大きく二つある。以下はスティーブン・G・ブランク「アントレプレナーの教科書」を参考に説明する。

製品開発モデル

製品開発モデルは、最初にコンセプトを作り、次に開発し、最後に販売する。「かっこいい自動車」を考えて、実際「かっこいい」車を開発するようなモデルである。

  • コンセプト
  • 製品開発
  • 販売

従来の製造業で当たり前のように用いられてきたが、物とサービスが飽和して顧客優位の世界になってからは通用しなくなった。

顧客開発モデル

顧客開発モデルは、製品ではなく顧客から始まる。「かっこいい車を作りたい」ではなく「どのような客がいるか」から考える。「アントレプレナーの教科書」p30より名称を引用すると、顧客開発モデルはおおむね次の四つからなる。

  • 顧客発見
  • 顧客実証
  • 顧客開拓
  • 組織構築

参考

スティーブン・G・ブランク「アントレプレナーの教科書」(翔泳社、堤孝志・渡邉哲訳・2016年)

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト