「秋風が立つ」の意味と例文|国語辞典

[慣]秋風が立つ(あきかぜがたつ)

  1. 秋の風が吹くこと。
  2. 男女の愛や恋が冷めること。

もともとは秋の風が吹くという意味で、文学などで男女の仲が冷めてしまう様子も表すようになった。

例文

  • あの日を境にして二人の間に秋風が立った。
  • 秋風が立って二人は会わなくなった。

「秋風が吹く」と同じ。「秋風が吹く」も秋風が吹くこと、男女の仲が冷めることを意味する。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト