悵然(ちょうぜん)の意味と例文

2018/2/05

Shinichiro Sakamoto

広告

悵然とは、深く悲しむこと。絶望的な気持ちに打ちひしがれること。

例文

  1. 彼は何度も人に裏切られてしばらく悵然としていた。

メモ

悵は難読漢字で「いた(む)」と読む。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告