臥薪嘗胆の意味と語源

臥薪嘗胆は「がしんしょうたん」と読む。達成したい目的のためにどのような苦労もいとわないこと。

春秋時代、中国の夫差(ふうさ)は父の敵である句践(こうせん)を討とうと、薪の上に寝て己を鼓舞し、ついに句践に勝利した。

句践は夫差に敗北した恥を忘れないよう、苦い肝を嘗めて己を鼓舞し、ついに夫差を滅ぼした。

この二つの話は『史記』にあり、夫差も句践も互いの目的を達成するためになみなみならぬ苦労をしたと伝えられている。