疑心暗鬼の読み方と意味

疑心暗鬼は「ぎしんあんき」と読む。疑心暗鬼とは、疑いの気持ちをもっていると、なんでもないことを疑わしく思ったり、恐ろしく思ったりしてしまうということ。

「疑心」は疑う心。「暗鬼」は暗いところに浮かぶ亡霊のこと。疑っていると、本当は存在しないのに、暗闇に亡霊が浮かび上がってくるということから。

「疑心、暗鬼を生ず」ともいう。

例文

  • 人に裏切られて疑心暗鬼になっている
  • 疑心暗鬼でいつも心が苦しい

類語

  • 風声鶴唳(ふうせいかくれい)

広告