草臥れる(くたびれる)とくたびれもうけの意味と例文

2017/9/15

Shinichiro Sakamoto

広告

[動]くたびれる

  1. 疲れて元気を失うこと。
  2. 服などが長く使われて、みすぼらしくなること。

[名]くたびれもうけ

努力しても報われないこと。

例文

  • 山道をずっと歩いてくたびれた。
  • 高校生の間ずっと勉強したので、彼はくたびれている。
  • 十年も着続けて、その服はすっかりくたびれて古くさい。
  • さんざん説得したのに、彼はまったく意見を聞いてくれず、骨折り損のくたびれもうけだった。

説明

「くたびれる」は漢字で「草臥れる」と書く。「くたびれもうけ」は「骨折り損のくたびれもうけ」と使われることが多い。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告