「慮る」の意味と読み方

[慣]おもんぱかる(慮る)

  1. じっくり考える。
  2. 相手を気づかう。

例文

彼女を慮って早めに家を出る。

説明

「慮」は「おもんぱか」と読む。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト