「慮る」の意味と読み方

2017/6/29

Shinichiro Sakamoto

広告

[慣]おもんぱかる(慮る)

  1. じっくり考える。
  2. 相手を気づかう。

例文

彼女を慮って早めに家を出る。

説明

「慮」は「おもんぱか」と読む。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告