輪廻転生(ウパニシャッド哲学、ピタゴラス)

輪廻転生は一般に、人間(あるいは生物、存在)は生死をくりかえすという意味で使われる。

今はAという人間だが、死後再びBという人間として生まれ変わり、またその死後Cという人間として生まれ変わる…という果てしない循環を輪廻転生という。

輪廻転生は古代インドのウパニシャッド哲学とピタゴラスに見られる。

バラモン教から発生したウパニシャッド哲学は、存在は死後別の存在に生まれ変わり、死ぬ前の人生は生まれ変わった後の人生に影響するという輪廻転生を説いた。

ピタゴラスはデモクリトスなどと同様に「この世の根本はなにか? この世はなにでできているか?」という問題を考えた哲学者で、ピタゴラスはこの世の根本(アルケー)を数と考えた。

根本(アルケー)=数

一方、ピタゴラスは生死と存在についても独自の考えをもっていた。それが輪廻転生であり、人間は他の動物に生まれ変わると信じていた。さらに物質と精神という二元論的立場から、人間の魂は肉体と異なり、輪廻転生によって魂は変わらないが肉体は変わると考えた。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。