「秋波を送る」の読み方と意味

「秋波を送る」の「秋波」は「しゅうは」と読む。

女性が色目を使って人を誘惑するようなさまをいう。あるいはその目つきをいう。

秋波、すなわち秋の波の、涼しげで官能的なさまから、女性の媚を売ったような目つきを表すようになった。

李白も秋波という言葉を使って詩を詠んでいる。