「つまるところ」「とどのつまり」の意味と語源

「つまるところ」「とどのつまり」はどちらも「結局」という意味。

ただし近年は「とどのつまり」はあまり用いられず、「つまるところ」がより使われる。

「とどのつまり」の「とど」はトドという魚で、ボラが成長したもの。この魚は成長するにしたがって名前が変わる。

オボコ スバシリ イナ ボラ トド

最後がトドである。「とどのつまり」は「最終的には」から「結局は」という意味になったと考えられる。

広告