496の約数と素因数分解(3番目の完全数)

496の約数は10個あります。

1,2,4,8,16,
31,62,124,248,496

496を2つの数の積にすると次のようになります。

1 × 496
2 × 248
4 × 124
8 × 62
16 × 31

496の素因数分解

2 × 2 × 2 × 2 × 31

496を素因数分解すると2が4つ、31が1つ出てきます。

496は完全数

完全数とは、その数の真の約数の和がその数になるような数です。上で出てきた496の約数(のうち496以外のもの)をすべて足してみましょう。

1+2+4+8+16+
31+62+124+248=496

496になりました。496は3番目に小さい完全数です。

広告