60の約数と素因数分解

60の約数は次の12個です。

1,2,3,4,
5,6,10,12,
15,20,30,60

1,2,3,4,5,6の連続した6つを約数に持つ数はすべて60の倍数です。

60を2つの数のかけ算にする

1 × 60
2 × 30
3 × 20
4 × 15
5 × 12
6 × 10

60の素因数分解

60を素因数分解すると

2 × 2 × 3 × 5

となります。2が2つ、3が1つ、5が1つ出てくるので、60の約数は

(2 + 1) × (1 + 1) × (1 + 1)
= 3 × 2 × 2
= 12

12個あります。

60と素数

60は約数を最もたくさん持つ2桁の数です。12個の約数を持つ2桁の数は

60
72
84
90
96

の5つです。約数をたくさん持つ一方、60は素数に近い性質もあります。

  • 59と61は素数
  • 29と31は素数(29+31=60)

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト