物心二元論の意味

物心二元論とは、自分という存在の外側にあるものと、自分の心を明確に分けて存在、精神、人間性について論じること。デカルトによって提唱された。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

デカルトは精神と物質を切り離して考えた。例えばりんごは自分の意志に関係なく落ちるが、それは落ちるという物質の現象が人間の精神と違うなにか別の原理によって引き起こされているからである。

デカルトはさらに物質の体積に注目した。物質がそこにあるのは、物質が空間のある領域を占めているからであり、この意味において物質は延長であると考えた。しかし精神は空間を占めず、延長の概念もない。

対象が空間を占めるか占めないかによって、物質と精神は明確に区分できる。

科学が空間をあつかうとき、空間の位置や方向をxyz座標によって数値化するが、この座標系をデカルト座標という。

物質はデカルト座標に存在するが精神は存在しないということは、物心二元論の本質をしめす。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。