日本は世界一の高齢化社会:約3割が65歳以上、2位のイタリアに差をつける

日本は世界で最も高齢化が進み、約3割が65歳以上となっています。

各国における65歳以上の割合

下表は世界国勢図会2018/2019(矢野恒太記念会)、p55-58、表2-6「年齢別人口構成」より引用。図は世界国勢図会のデータを参考に当サイトが独自作成したものです。

グラフ

65歳以上の割合
日本 27.7
イタリア 22.0
ギリシャ 21.3
ドイツ 21.1
ポルトガル 20.7
フィンランド 20.5
スウェーデン 19.8
フランス 19.0
オランダ 18.2
ベルギー 18.2
スイス 18.0
イギリス 17.9
カナダ 16.5
ノルウェー 16.4
オーストラリア 15.3
アメリカ 15.2
韓国 13.2
ロシア 12.9
中国 10.8
タイ 10.3
トルコ 8.2
ベトナム 8.0
メキシコ 7.0
南アフリカ共和国 5.2
フィリピン 4.9
エジプト 4.6
サウジアラビア 3.2
ナイジェリア 3.2

いびつな人口構成

平均寿命が80歳くらいとすると、65歳〜80歳は本来15/80、つまり全人口の18パーセントほどにおさまっているべきです。実際、ドイツやポルトガルなどの一部を除いて、ヨーロッパ各国は15〜19パーセントです。

上の統計から経済大国の中ではアメリカ、中国、オーストラリアが若い国であるとわかります。一方、日本、イタリア、ドイツは高齢化が進んでいます。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト