中学英語の英文法 5つの文型(SVO、SVOO、SVOCなど)

次の文を見てください。それぞれ第1、2、3、4、5文型の文です。

I drink. 私は飲む。

I am a man. 私は男です。

I like an apple. 私はりんごが好き。

I give him an apple. 私は彼にりんごをあげる。

I call him Tom. 私は彼をとむと呼ぶ。

SとVとOとC

ざっくりいうとこんな感じ。

S 主語 V 動詞 O 目的語(動詞の対象) C 補語

この中で一番わかりにくいものが C の補語。

S と V はいいでしょう。しかし O の目的語とはなんでしょう? 実は、3番目(第3文型)の

I like an apple. 私はりんごが好き。

のりんごが目的語です。りんごは like の対象ですね。「~が好き」の「~」に相当するものです。この「~」を目的語といいます。

例えば次の文の動詞に続く言葉はすべて目的語です。

You play baseball. He loves her.

第1文型(SV)

主語と動詞しかないもの。

I go. I drink. You eat.

第2文型(SVC)

ここで厄介な C 補語が出てきました。第2文型での補語はこんなふうに考えてください。

S = C

主語と補語が一致する。そのようなものを補語というのです。下の文はすべて第2文型です。動詞の後に続く名詞に注目して、それが主語とイコールで結ばれることに注意してください。

I am Tom. I am a man. I am Doraemon. I was a student.

I = Tom I = man I Doraemon I = student

すべて主語を表しているものですね。主語と補語は一致するのです。

広告