統計でよく使うエクセル(Office365)の関数リスト(分散や標準偏差など)

組み合わせ $\mathrm{COMBIN}(A1,B1)$ $A1$ 標本数 $B1$ 抽出数

順列 $\mathrm{PERMUT}(A1,B1)$ $A1$ 標本数 $B1$ 抽出数

平均 $\mathrm{AVERAGE}(A1:A10)$ $A1$ 標本の最初 $A10$ 標本の最後

分散 $\mathrm{VAR.P}(A1:A10)$ $A1$ 標本の最初 $A10$ 標本の最後

標準偏差 $\mathrm{STDEV.P}(A1:A10)$ $A1$ 標本の最初 $A10$ 標本の最後

共分散 $\mathrm{COVAR}(A1:A10,B1:B10)$ $A1:A10$ 比較する一つ目のデータ $B1:B10$ 比較する二つ目のデータ

共分散 $\mathrm{CORREL}(A1:A10,B1:B10)$ $A1:A10$ 比較する一つ目のデータ $B1:B10$ 比較する二つ目のデータ

※分散と標準偏差は365とそれ以前で若干変わっている。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告