自然法と社会契約説|高校倫理対策問題

問1 社会契約説に関する説明としてふさわしくないものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① ホッブズは自然状態を、「万人の万人に対する闘争」状態とした。
② ロックは自然状態を、自由と平等が成り立っている状態とした。
③ ルソーは自然状態を、不自由と不平等が人々を支配する状態とした。
④ 自然状態とは、国家ができる前の状態のことである。

問2 ルソーの社会契約説に関する説明として正しいものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 市民は、政治参加などの機会を平等に与えられる必要がある。
② 市民は、財産権などの自然権を国家に信託する必要がある。
③ 市民は、強大な権力をもつ国家リヴァイアサンに服従する必要がある。
④ 市民は、共同体全体の公共利益を求める一般意志に従う必要がある。

問3 社会契約説に関して、思想家とその思想をしめす言葉の組み合わせとして正しいものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① ホッブズ … 直接民主制
② ロック … 立憲君主制
③ ルソー … 専制君主制
④ ヴォルテール … 無政府主義

問4 社会契約説と政治のあり方に関する説明として正しくないものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 自然法の原始的な理念はグロティウスの思想に遡る。
② ルソーによれば、各人の権利の総和は一般意志と呼ばない。
③ 社会契約説は絶対王政に対抗するが、王権神授説は受容する。
④ ホッブズは『リヴァイアサン』を著し、ロックは『統治論』を著した。

解答

問1 ③

ルソーは自然状態を、自由、平等、愛の存在する理想的状態とした。

問2 ④

① ロールズの正義論にある考え。
② 自然権の信託はロックの思想。
③ リヴァイアサンへの服従はホッブズの思想。

問3 ②

① ホッブズは専制君主制。
③ ルソーは直接民主制。

問4 ③

絶対王政への抵抗とは、王権神授説の否定である。

広告