国学と幕末の思想|高校倫理対策問題

問 賀茂真淵と本居宣長の記述として適切でないものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 賀茂真淵は「高き直き心」を重んじた。 ② 賀茂真淵は『万葉代匠記』を著した。 ③ 本居宣長は「もののあはれ」を重んじた。 ③ 本居宣長は『古事記伝』を著した。

[su_spoiler title="答" style="simple"] ② 正解 賀茂真淵の著作は『国意考(こくいこう)』。 [/su_spoiler]

問 幕末の思想家に関する記述として正しいものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 吉田松陰は松下村塾を開いたが、蛮社の獄によって処罰された。 ② 横井小楠は東洋の精神に西洋の技術を取り入れる必要性を説いた。 ③ 平田篤胤は本居宣長の思想の影響から、復古神道を掲げた。 ④ 高野長英は医学を学ぶが、安政の大獄によって処罰された。

[su_spoiler title="答" style="simple"] ③ 正解 ① 吉田松陰は安政の大獄によって処罰された。 ② 「東洋の精神に西洋の技術」は佐久間象山。 ④ 高野長英は蛮社の獄によって処罰された。 [/su_spoiler]

問 賀茂真淵の説明としてふさわしくないものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 荷田春満を師として『万葉集』を研究した。 ② 日本の古典に素朴で力強い「高く直き心」を見出した。 ③ 男性的なさまを「ますらおぶり」と呼んだ。 ④ 平安以前の古典文法を体系化した。

[su_spoiler title="答" style="simple"] ④ 正解 [/su_spoiler]

問 本居宣長の説明としてふさわしくないものを次の①~④のうちから一つ選びなさい。

① 『古今集』や『源氏物語』などの古典を研究した。 ② 女性的で優美なさまを「たをやめぶり」と呼んだ。 ③ 儒教と仏教を容認し、日本固有の精神との融合を重視した。 ④ 『古事記』を解読し『古事記伝』を著した。

[su_spoiler title="答" style="simple"] ③ 正解 本居宣長は国学の思想家であり、儒教と仏教に批判的であった。 [/su_spoiler]

© 2016 Shinichiro Sakamoto & irohabook.com