小麦、大麦、米、トウモロコシなどの輸出国まとめ|高校地理

小麦、大麦、米、とうもろこし、砂糖などの農作物の輸出国を1位から3位(一部2位)までのシェアをまとめました。このランキングに使われている数値はパーセントを単位としており、実際の量や額ではありません。また、生産ランキングではなく、輸出シェアのランキングであることに注意してください。

データは世界国勢図会2017/2018(矢野恒太記念会)、p231、表6-3「主な農産物の輸出国(2013年)」より引用しています。

小麦

シェア
アメリカ 20.4%
カナダ 12.2%
フランス 12.1%

小麦はパンや麺の材料で、紀元前から長く栽培されていました。小麦はアメリカやカナダで多く生産されています。多くの農作物でアメリカはかなりのシェアを持っていますが、小麦と大麦はフランスもシェアを持っています。

シェア
インド 30.4%
タイ 18.3%
ベトナム 10.6%

日本の主食である米。米はアジアが一大生産地であり、一大消費地であるため、インド、タイ、ベトナムといったアジア諸国がランキング上位に上がっています。

大麦

シェア
フランス 20.8%
オーストラリア 16.5%
アルゼンチン 10.8%

とうもろこし

シェア
ブラジル 21.4%
アメリカ 19.5%
アルゼンチン 16.2%

大豆

シェア
ブラジル 40.3%
アメリカ 36.9%
アルゼンチン 7.3%

砂糖

シェア
ブラジル 43.1%
タイ 9.7%
オーストラリア 4.5%

ぶどう

シェア
チリ 20.0%
イタリア 11.9%
アメリカ 11.1%

オレンジ

シェア
スペイン 28.3%
南アフリカ共和国 10.9%
エジプト 9.5%

バナナ

バナナ

バナナといえばフィリピンですが、世界一の輸出国はフィリピンでなく、エクアドルです。

シェア
エクアドル 26.6%
フィリピン 16.3%
グアテマラ 9.7%

エクアドルは南米の太平洋側の国で、スペイン語を公用語としています。南米はコーヒー豆で有名ですが、バナナも作っています。なお世界国勢図会2018/2019年の最新ランキングでは、フィリピンは5位に落ちています。エクアドル、コスタリカ、グアテマラの順です。

2016年のランキング(世界国勢図会、p222、表6-6「主な農産物の輸出国(2016年)」より引用)

シェア
エクアドル 28.9%
コスタリカ 11.5%
グアテマラ 10.4%

コスタリカとグアテマラは中南米(北米と南米の間、メキシコ近く)にある国です。エクアドル、コスタリカ、グアテマラはすべてアメリカ大陸の国であり、中南米はバナナの一大輸出地域になっていることがわかります。

コーヒー豆

シェア
ブラジル 24.4%
ベトナム 18.8%
コロンビア 7.8%

シェア
ケニア 21.9%
中国 15.9%
スリランカ 15.5%

カカオ豆

シェア
コートジボワール 29.9%
ガーナ 19.3%

以上のデータは世界国勢図会2017/2018(矢野恒太記念会)、p231、表6-3「主な農産物の輸出国(2013年)」より引用しています。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト