中学受験Q&A 小学二年生になる子どもがいますが、将来の中学受験に備えて塾に通うべきですか?

キャラクター 川田一郎。黒田家の家庭教師。

黒田やよい。高校生。

中学受験はサピックスなどの大手塾に通う

結論から言えば大手塾に通うべきですね。塾は塾でも大手がいいでしょう。以下に塾に通うメリットを並べます。

  • トップ校ではそれぞれの中学校に合わせた対策授業がある(筑駒対策講座など)
  • 全国1万人以上の受験者数がいる本格的なテストを毎週(毎月)受けられる
  • それぞれの科目に深く精通した熟練の先生から指導を受けられる
  • クラスが成績別に分けられることで競争意識が芽生える
  • 他の受験生とコミュニケーションをとることでモチベーションを上げられる

特に塾という環境の影響力が最大のメリット。サピックスや日能研では成績順にクラスが分けられており、人数の多い校舎では5つくらいの段階があります。成績が悪くなると容赦なくクラスを落とされていくため、受験生は毎月のように行われるクラス分けにハラハラドキドキするわけです。受験生にとってこれが大きなプレッシャーになり、逆にモチベーションになります。

またモチベーションの高い他の受験生と一緒に勉強できるため、友だちに負けないようにと勉強をいつも勉強するようになります。大手であればあるほどモチベーションの高い受験生が集まる傾向にあるので、なるべく大手がいいですね。

小学2年生から通う必要はない

お悩みQ&A - 中学受験はいつ頃から塾に行かせるべきですか?でも触れていますが、塾は基本的に小学4年生から通わせます。一部の大手塾は小学2年生からも開講していますが、この時点ではまだ通っている子の絶対数が少ないため、無理して通う必要はありません。

ただし算数は早期教育が必要になってくるので、家族でどう教えればいいかわからない、また家族で教えている時間がとれないという場合は専門の家庭教師をつけるなどの準備がどうしても必要です。この場合はいろは進学会にお任せください。

広告