中1理科 シダ植物とコケ植物の違い(根、茎、葉、維管束の有無)

シダ植物とコケ植物はどちらも種子を作らない植物であり、被子植物(アブラナなど)と裸子植物(マツなど)と根本的に異なりますが、シダとコケもまた似ているようでまったく違います。

区分 シダ植物 コケ植物
区別できる 区別できない
区別できる 区別できない
区別できる 区別できない
維管束 ある ない

shida-koke

コケ植物

「コケ=原始的な植物」とイメージします。コケはとても原始的で、葉、茎、根という(植物の進化的に)高等なものがなく、維管束もありません。

コケをよく見ると根のようなものが生えています。実は、それは根でなく仮根という、体をその場にくっつけるためのもの。

「根」は土から水などを吸収する機能を持っていますが、仮根はそのような機能を持っていません。水は(葉らしきものの)表面から吸収します。

コケは仮根を持っているため、家の壁といった重力に対して垂直な面でも生長します。コケはよく水辺の岩場に生えていますが、他の被子植物などは岩に生えることはあまりありません。

シダ植物

一方、シダ植物はコケよりは進化しているとイメージします。他の一般的な植物と同じように葉、茎、根があり、維管束もある。ここまで聞くと「被子植物と裸子植物とどう違うの?」と疑問に思いますが、シダ植物と種子植物の決定的な違いは「どうやって増えるか?」です。

被子植物と裸子植物は「実」というちゃんとした種子を作りますが、シダ植物は種子を作らない。

シダ植物とコケ植物の共通点

シダとコケはまったく違う植物ですが、「胞子でふえること」と「光合成できること」という共通点を持っています。

なお、胞子は種子ではありません。胞子は、新しい個体を生む卵のようなものです。私たちが普段食べるキノコも胞子でふえます。

シダ植物についてもっとくわしく

シダ植物は下の図からわかるように葉、茎、根の区別がかなり独特で、普通の植物でいう「茎」がシダ植物では「葉」になっている。

shida-koke

コケ植物と同様、胞子のうを持ち、胞子のうに胞子が入っている。シダ植物の胞子のうは葉の裏に存在する。

コケ植物についてもっとくわしく

テストではコケ植物の雌株と雄株の違いがよく問われます。雌株の先端には胞子のうがあり、胞子のうに胞子が入っている。

雌株も雄株も仮根を持ち、自身をその場に固定します。

シダ植物とコケ植物の代表例

シダ:イヌワラビ、ゼンマイ

コケ:ゼニゴケ