高校倫理 欲求と欲求不満とフロイトの防衛機制

人間は欲求を持ち、欲求は一次的欲求と二次的欲求に分けられます。

人間は動物的であり社会的な生物ですが、それは人間の欲求から見てもわかります。人間は他の動物と同じようにお腹が空いたり眠くなったりします。しかし同時に「社会で成功したい!」「みんなから頭がいいと思われたい!」などと思うわけです。

しかし欲求は現実になることも、ならないこともあります。

「あーいつもアンパンだから、いい加減マカロンが食べたい」と思っても、昼食代として渡されるお小遣いが毎日80円だったらマカロンはずっと食べられません。どうしてもマカロンが食べたい、でも食べられない、という欲求と現実のギャップに対するイライラ(緊張)を欲求不満(フラストレーション)といいます。

また「あーついに300円を手に入れた。やっとマカロンが食べられる。でもいちごのタルトも食べたい。マカロンといちごのタルト、どっちも食べたいが、どっちともはムリだ。どうすればいいのだ」という相反する欲求の板挟み状態になることを葛藤(コンフリクト)といいます。

欲求と現実の乖離   → 欲求不満 相反する欲求の板挟み → 葛藤

イライラしたときの防衛機制

花子という女の子に片思い中の太郎という男の子を例にとって考えてみよう。太郎はある日、花子の前でついうっかりおならをしてしまいました。

すると太郎は「もうダメだ」と思います。まあ、一週間くらいは凹んでいるでしょう。しかし一ヶ月もすればこんなふうに考えるかもしれない。

フロイトは以上の考え(発想)を人間の防衛機制と呼び、いくつかの専門用語できちんと定義しています。

※例が「おなら」ですみません。

イライラしたとき、人は太郎のようにある種の言い訳によって自分を守ります。これを防衛機制といって、倫理では以下のタイプがあります。

  1. 抑圧 … ぐっと抑える
  2. 逃避 … 現実から逃げる
  3. 退行 … わざと子供っぽくふるまう
  4. 昇華 … 社会的次元に置き換える
  5. 代償 … 他のもので満足しようとする
  6. 投影 … 他人に自分の不幸を探す
  7. 同一視 … 漫画の主人公などに自分を重ねる
  8. 合理化 … もっともらしく言い訳する
  9. 反動形成 … 自分の望んでいないことをあえてする

センター試験ではどの考えがどのタイプかという問題がかなりの頻度で出ます。「◯◯という漫画の主人公もおならしてた」を「同一視」と答えられるかどうか? 自分の過去の失敗を思い出して、そのとき自分はどうやってその痛みを耐えたか、フロイトの防衛機制にそって考えてみよう。

センター試験の過去問

以下、センター試験の過去問(問題のみ)を引用します。カッコ内の年度は試験の実施年度になります。解説の著作権は当ページにあります。また著作権の関係上、問題の一部省略している部分があります。あらかじめご了承ください。

欲求不満に対する反応についての記述として最も適切なものを一つ選べ。(センター試験「倫理」2016年度、第1問、問3より)

① 欲求が満たされないことに対して、代わりのものを欲求の対象に置き換え、それを満たすことで欲求不満の解消を試みることを、回避という。

② 欲求が満たされないことに対して、もっともらしい理由や理屈をつけて、欲求が満たされないこと自体を正当化することを、投射という。

③ 欲求が満たされないことに対して、欲求自体を抑え込み、不快な記憶を残したり、自責の念に駆られたりしないようにすることを、逃避という。

④ 欲求が満たされないことに対して、他人に八つ当たりするなど、短絡的・衝動的に欲求不満を解消させようとすることを、近道反応という。

解答 ④

防衛機制に関する問題は倫理というより現代文に近く、文を丁寧に読み、言葉の持っている意味とニュアンスを正確にくみとることができれば正解に至る。

① 代わりのもので欲求不満の解消を試みることを「代償」という。

② 欲求不満の正当化を「合理化」という。正当化も合理化も同じようなニュアンスを持っている。

③ 欲求自体を抑え込むことを「抑圧」という。

すべて漢字に着目すれば間違いがわかる。「代わり」や「正当化」や「抑える」という字から正しい防衛機制を思いつくかどうかがポイント。

④の「近道反応」に「え!?」となった受験生は多いはず。防衛機制の問題で「近道反応」が出るとは当ページでも予想していなかった。

「近道反応」は文字通り「近道してでも欲求不満を解消しようとする行為」をさす。イライラしているから人を傷つけてそのイライラを解消するという行為は近道反応であり、同時に極めて反社会的な行動である。