不甲斐ない(ふがいない)の意味|国語辞典

[形]ふがいな・い

  1. だらしなく情けないこと。意気地がないさま。
  2. きちんと働いていないこと。

例文

このような結果になって本当に不甲斐ない。

不甲斐なく思うのだったら、なにが失敗の原因だったか考えるべきだ。

会社が倒産してからというもの、彼は不甲斐なく自堕落な生活を送るようになった。

試合に惨敗して不甲斐ない結果に終わったチームはそのまま解散した。

注記

「甲斐性」がはつらつと働いて頼もしいことを意味することから、不甲斐ないはきちんと働いていない(生活していない)さまをイメージさせる。

甲斐とは、行動または努力の結果のこと。「努力したカイがあった」のカイは甲斐と書く。努力した甲斐はまさに努力した結果のこと。

英語

cowardly 臆病な、卑怯な

広告