中学数学 数式に値を代入する問題

数式に値を代入するとは、その変数に値を入れて計算することです。

例えば x + 1 の x に 2 を代入するとき、式の中の x を 2 にして計算します。この場合は 2 + 1 = 3 が答えになります。

問題

次の式にかっこ内の値を代入しなさい。

(1) x + 2 [2]
(2) 2x - 1 [3]
(3) -x + 6 [1]
(4) -3x + 5 [-4]
(5) -x - 4 [7]

解答

(1) 2 + 2 = 4
(2) 2 × 3 - 1 = 5
(3) -1 + 6 = 5
(4) (-3) × (-4) + 5 = 17
(5) -7 - 4 = -11

問題

次の式にかっこ内の値を代入しなさい。

(1) x2 + 3 [4]
(2) -2x2 + 3x - 1 [5]
(3) a - a2 - a 3 [2]
(4) 3a4 - a3 + 2a2 [-1]

解答

(1) 42 + 3 = 19

(2)

(3)

(4)

広告