鎧袖一触の読み方と意味

[慣]がいしゅういっしょく

相手を簡単に倒すこと。容易に打ち負かすこと。

説明

鎧を着ていれば、袖一つ触れただけで相手は倒れてしまうことから。「赤子の手をひねる」と同じ。

同義語

赤子の手をひねる

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト