画竜点睛の読み方、意味、例文(画竜点睛を欠く)

[慣]がりょうてんせい

  1. 完成間近の作業。
  2. 最も重要な過程。

例文

画竜点睛を欠いてすべてが台無しだ。

今までの努力を成功につなげるためにも、画竜点睛に全力を尽くす。

説明

「画竜点睛を欠く」という言い方がほとんどである。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト