Irohabook
Go Go入門

GoでMySQLやMariaDBのtimestampを読みこむ:データベース接続時に?parseTime=trueを指定する

広告

Go でデータベースに接続するときは go-sql-driver/mysql などのドライバーを使う。接続する関数は次のようになる。

package utils

import (
    "database/sql"
    "fmt"
    _ "github.com/go-sql-driver/mysql"
    "time"
)

func Connect(database string) *sql.DB {
    user := "root"
    pass := "pass"
    proto := "tcp(localhost:3306)"
    s := user + ":" + pass + "@" + proto + "/" + database + "?parseTime=true"
    db, err := sql.Open("mysql", s)
    if err != nil {
        fmt.Println(err)
    }
    db.SetConnMaxLifetime(time.Second * 5)
    return db
}

上のコードにはさまざまなポイントが隠されている。今回は mysql の timestamp といった日時を使えるようにするテクニックを紹介する。上の

s := user + ":" + pass + "@" + proto + "/" + database + "?parseTime=true"

という部分を見ると?の後に parseTime=true がある。これが日時をパースするためのコツ。これをつけると、下のコードがうまく動く。

db := utils.Connect("post_db")
query := "select title, description, date_created from post"
stmt, e := db.Prepare(query)
if e != nil {
    return
}
rows, e := stmt.Query(id)
if e != nil {
    return
}
for rows.Next() {
    e = rows.Scan(&post.Title, &post.Description, &post.DateCreated)
}

post.DateCreated という部分に注目。この date_created というカラムは timestamp 型である。もし

s := user + ":" + pass + "@" + proto + "/" + database

としたら、つまり ?parseTime=true をつけなかったらどうなるか。

広告

おそらく Scan して post.DateCreated に読みこんだ値は 0 である。これを回避するために

s := user + ":" + pass + "@" + proto + "/" + database + "?parseTime=true"

とする。すると

2019-06-28 15:45:44 +0000 UTC

といった日時が post.DateCreated に入る。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会